安全・品質への取組み

「運輸安全マネジメント」に基づき、安全風土の構築と安全意識の浸透を図っています。

基本方針

  1. 「安全は、すべてに優先する」をモットーに災害ゼロの職場を目指す。
  2. 従業員全員が一丸となって交通事故"ゼロ"を目指す。
  3. 運輸安全マネジメントを確実に実施することにより、継続的に輸送安全の確保、向上に努める。
  4. 物流を中心とした全ての企業活動に於いて、環境負荷を出来る限り低減する。

安全に関する達成状況

重点施策

弊社の運輸安全マネジメント推進計画書に基づき実施します。     <運輸安全マネジメント>

意識レベル向上

  • 車両整備会社を招いての安全教育月1回の全社安全衛生委員会開催による情報の共有化
  • 巡回パトロールによる安全行動の実践確認
  • 協力会社を巻き込んだ事故低減活動として
    TBLS安全連絡会を年2回開催しています
  • “なぜなぜ解析”による真因追求対策による再発防止

人材(人財)育成

  • 安全道場におけるトラック・リフトの技能向上訓練(座学・実技)
  • エコドライブ社内コンテスト、社外エコドライブコンテストへの参加
  • 運転適性サービス(ナスバネット)・添乗指導の実施
  • 全車両にドライブレコーダー装着
  • デジタルタコグラフ分析指導

 

順法精神(コンプライアンス)

  • 乗務前の血圧測定対面点呼やアルコールチェックに加え、体温・血圧測定を点呼時に実施
  • 無事故無違反表彰

環境への取組み

CO2削減に向けたさまざまな活動に取り組んでいます。

このページの先頭へ