社会貢献活動

従業員の行動指針「TB-WAY」のひとつ、「良き企業市民として、良識ある行動をとり、社会との調和を目指す。」を実現するため、さまざまな活動に取り組んでいます。

交通安全活動

交通安全活動を通じた地域社会への貢献を目的に、地域の子どもたちを対象とした交通安全教室や、交通安全立哨活動を年4回行っています。また愛知県豊田市では「交通事故死 ”全国ワースト1位" 返上を豊田市から!」をスローガンに「速度遵守」「ハイビーム活用」「歩行者優先」の3項目を実践する「歩行者保護モデルカー」活動を展開。当社も参加しています。

環境整備活動

各拠点では自主的に周辺の除草や清掃活動を行っています。

本社・物流センターでは植樹祭などを企画し、建設時より構内緑化を積極的に進めています。また岐阜県加子母のトヨタ紡織グループ「環境の森」で年数回開催される「森づくり活動」に参加。草刈、枝打ちなどを行い、植樹した樹木の成長を見守ります。

地域貢献活動

自社所有の大型・中型トラックを、お祭りなどの地域イベントに無償で貸出。安全を確保したうえで、餅投げや各種発表会などのステージとして活躍しています。また準備や当日の運営手伝いなども積極的に行い、地域の方より感謝の言葉を多数頂きました。

月1回、本社・物流センター周辺の小学校通学路を市職員の方や地元防犯委員の皆さんと約1時間かけ、青色の回転灯を装備した通称「青パト」に乗り巡回。下校途中の子どもたちや、通学路の安全を見守っています。

愛知県刈谷市内の小学校特別支援学級で、トヨタ紡織グループ「環境の森」から出た間伐材を利用しベンチやキーホルダーづくり体験を通じ、子どもたちと交流をはかっています。

自社単独拠点全てにAEDを設置済です。定期的に操作方法の訓練を行い、従業員や近隣での万が一の事態に備えています。

本社・物流センターは、豊田警察署指定の「子ども110番の家」に登録。登下校中など困った時に

子どもたちが駆け込める場所となっています。

リサイクル活動

限りある資源を、それを必要としている人に届けるため、さまざまな活動に取り組んでいます。

トヨタ紡織の活動に当社から毎年40名ほど参加しています。家庭で不要になった衣料品を発展途上国に送っています。

各拠点に回収ボックスを設置し、集まったキャップは「NPO法人エコキャップ推進協会」を通じて、発展途上国の医療支援に役立っています。

「障がい者就労移行支援 あるく」さんと提携し、社内で不要となったパソコンなどを就労支援に役立てています。

各拠点や家庭で不要となった備品や家電などを「(一社)もったいないボランティアプロジェクト」を通じ、世界中の恵まれない子供たちに届けています。

一定の賞味期限を残した乾パンやミネラルウォーターを、活動団体を通じ支援を必要とする人に届けています。

 

このページの先頭へ